----

2012年02月12日

いま安全な粉ミルクのメーカーはどこ?



明治乳業
の赤ちゃん用粉ミルク「ステップ」からセシウムが検出されたというニュースご存知でしょうか?
赤ちゃんのいる方は驚きと恐怖を覚えたのではないでしょうか。

わたしにも1歳になる娘がいます。
テーブルの上には明治の「ステップ」がありました。
ただちに体に影響はない。安全です。」と言っていますが、福島原発後のこの手の発表を信じていたら何十年後、いえ何年後には何があるのか・・・・
考えただけでゾーっとします。
参考までにサイドバーから「ほんまでっか?」でおなじみ武田先生のお話をご覧ください。
この国は、この国のメーカーは安全にかかわる本当に大切なことは隠すのでは・・・と感じてしまいます。
1歳の赤ちゃんはまだしばらくは粉ミルクが主食です。
ニュースを見た直後から、安全粉ミルクはどのメーカーなのかについて調べました。

結論としては、安全なメーカーは森永です。
他のメーカーはグレーです。(積極的な情報公開はしていません。)

理由は次の点

1.生産工場の場所が関東、東北圏外であること。 
 
森永の粉ミルク工場は、愛知県です。
原材料は、オセアニア、ヨーロッパのみを使用しています。
北海道の牛乳は使っていないということでした。

パーム油やビタミンなどの添加物は国産ですが、製品の状態で検査をしており、常に安全を確認しているとのことでした。

2.国産であること 

「もはや国産よりも海外メーカーのほうが安全なのでは・・・」という思いも
頭には浮かんでくるのですが、やはり国産であることに安心を感じます。

3.直近の検査発表で放射性物質検出が0であること。

自社内で検出限界10ベクレルの独自検査を実施。
いまのところ「検出せず」の結果だそうです。

なお、「森永 ドライ粉ミルクはぐくみ」と、「森永 フォローアップ粉ミルクチルミル」については、行政と日本乳業協会が検出限界5ベクレルで放射能検査を行い、結果は不検出だったと、電話受付した女の人が言ってました。

森永の粉ミルクについては、食材宅配最大手のオイシックスでも取り扱いがあります。
ベビー商品ということなので、おいしっくすでも放射能の検査を行っているようです。
検出限界は5〜10ベクレル。いまのところセシウムの検出はないようです。
  
このように、森永・行政・取り扱い販売業者の3者が厳重な検査を実施した結果、
検出が0であること、これが一番の理由です。

私もネットで粉ミルクをまとめ買いしますが、今後は森永の粉ミルクを購入します。
このサイトを見ていただいた皆さんにも是非、森永の粉ミルクをオススメします。

育児・子育て

posted by アルカド at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。